2014年01月04日

骨の無い初夢(^^♪




なんと!?



( ̄〇 ̄;)はっ!




夢を観たですよ!!



(゚o゚)えぇぇぇぇ!??



どうやら私的には初夢ちっく

こんなにタイミング良く夢を観るには
何やら意味があるのかも?



[壁]_-) チラッ





意味有りげなので
またまたここに記録しておきます



( ̄- ̄;)




以下夢の内容です



モスと二人で
店を営業していました



どうやら
何かしらイベントの日で

頭は捻り鉢巻で
上半身は法被を着て

下半身は締め込みだけで
ケツは丸出しでした

足は黄色い長靴を履いていて

モスが作ってある料理を
端から鋏で切って団扇に乗せるので
持てるだけ持って
順番にテーブルに運んで行くと

客席を陣取っている
何処の国の人か不明の外国人のおばちゃん達が
大喜びしながら
喜びの大きさに比例した量のワインを
私の黄色い長靴の中に入れていくのですよ



店内は既に
外国人のおばちゃん達で満席で

私もモスも

長靴にはもう
ワインの入る余地は残されてませんでした




『こりゃあ、飯屋冥利につきるなぁ・・』



等と感慨にふけっていたら
不意に店の入り口が開いたのですよ






既に満席ですし
席を譲ってもらおうにも
おばちゃん達の喋ってる言語は解読不能ですし

どうしたものかと思いながら
入り口の方を見て
ひっくり返るくらい驚いたですよ



入り口を開けて
店内に入ろうとしてるのは人ではなく


迷彩色に塗られた
戦車が二台連なって入って来ようとしてるですよ




砲身は
今にも火を噴いて
店内を吹き飛ばしそうな雰囲気で

ガトリングも
すぐにでも掃射しそうな気配を醸し出してるのですよ




生命の危険を感じた私は
さっさと逃げようかとも思いましたが

店主の私が
何もかも放ったらかして逃げ出した日には
末代まで語られそうな気がしたので

渋々踏み止まったのですよ


しばらく戦車と我々との間で
膠着状態が続いていたのですが

じっとしていても埒が明かないので
戦車に乗ってる奴も腹は減るだろうと思い

モスに頼んで
自慢の坦々麺を何杯か作ってもらって
戦車のハッチの前に置いたのですよ




そしたら・・・




まんまとハッチが開いて
中から外国人が何人か出てきて
坦々麺を食べ始めたですよ

彼等は坦々麺の味に感銘を受けたらしく
しきりに何やら言ってくるのですが
私には全く理解出来ない言語でした


店内に居たおばちゃん達も
理解不明な顔をしていたので

おばちゃん達と戦車のクルーは
ぜんぜん違う国の人達の様でした


坦々麺のおかげで緊張状態から開放され
戦車のクルー達の表情も少し柔らかくなっていました

もはや危険は無いと判断した私は
滅多に至近距離で見れない戦車を観察しようと
近くまで行ってみると


前面から見れば
迷彩色でペイントされている戦車は

側面には
萌え系の女の子の絵が描かれた
所謂『痛車』仕様でした



何のキャラなのかも解らず眺めていたら
戦車のクルーの一人が
絵や戦車の性能等を色々と説明をしてくれました


丁寧に説明してくれてるのは理解できましたが
彼らの言語が解らないので
何をどう説明されてるのかは全く不明でした





以上夢の内容でした





( ̄- ̄;)



んまぁ
言語なんざ解せなくとも
坦々麺は最強なのだと



確信の持てる夢でしたわよ・・・ええ



何故だ!・・・坊やだからか!?





本日の「まかなひ」
   (昼)
  塩野菜ラーメン


posted by 骨なし at 15:47| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 夢見る御年頃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。