2011年12月24日

骨の無い祝福(-_-)


今年もまた

私の嫌いな
クリスマスイヴが来ました

私がクリスマスを嫌いな理由は
今更どうでも良い感じでしょうが
知りたい人はこちらで・・・



毎年イヴの日には
ここに色々な想いや願いやらを
つらつらと綴っているので

今年もちらっと
2つの事を書いてみます







一つ目は
いち日本人として想う事・・




何だかんだ言っても
日本に暮らす全ての人にとって

今年は特別な年
忘れてはいけない年になったんぢゃないでしょうか?


3月11日の大災害は

直接被害を受けた
東北の人達は無論の事

日本の国
全体を揺るがす大災害となりました




地震の後の津波
津波の後の原発の不穏と

幾重もの災害に見舞われるのは
非情としか例えようが無く

被害の度合いの大小を問わず
日本全体の災害と受け止めるべき事態・・

そう感じているのは
私だけでは無い筈




現代人の英知を
遥かに凌駕した破壊は

未来のある幼い命も
豊かな経験を踏まえた知恵も
優しい愛も
強い意思も

容赦なく飲み込み
躊躇なく奪っていきました


残されて恐怖する人
奪われて佇む人には


自然の営みと呼ぶにはあまりに残酷な


正に
この世の生き地獄の様相かと・・



世に神が存在し
この災害が神の意思なら

我々日本人は
何を試されているのでしょう?
何故試されないといけないのでしょう?

神がどれほど崇高な思考を持ってして
このような行いをしたかは
下賎な我々クラスには理解し難く


決して
褒め称えて賛同することはできず

むしろ疑問に思い
怒りを感じるのは

神への冒涜でしょうか?






二つ目は
いち個人として想う事


あまりに最近起こった事ですので
記憶に新し過ぎるというのもありますが

やはり私の中では
骨細の男の事は

今年起こった事のなかでは
大きなウエイトを占めています


彼に限らず
世の中には

大変な病に侵されて
若くして亡くなってしまった人や
突然の事故や暴力で
理不尽な亡くなり方をした人は沢山居るでしょう
(そもそも死そのものが理不尽な気がしますが・・)


死んでいく者も
残された者も

何が起こっても
容赦なく流れる時の流れの中で
現実を受け入れるしか術はなく


命の限りの前には
人の無力さを思い知らされます


『試練が多いのは神に愛されてる証拠』とか
『背負えるが故に背負わされる試練』
等という意味合いの事が
聖書には書かれていますが


これまた
神がどれほど崇高な思考を持ってして
このような行いをするのか
下賎な我々クラスには理解し難く


そんなのが神に愛される証拠なら
愛されなくても良いと思ってしまうのは

やはり・・





神への冒涜でしょうか?







今宵イヴの夜


辺り一面で
神の奇跡の安売りが行われるなら




どうか

残されて恐怖する人に安らぎを

奪われて佇む人には希望の光を

動けなくなった人には生きる力を

消えかかった命の火には輝きを

分け与えてやってもらえないでしょうか?



だからといって

私が神に出来る事は
何一つ無いですが




せめて

神が使わした子に
祝福の言葉を捧げましょう




HappyBirthday Jesus  and  MerryChristmas



posted by 骨なし at 13:37| 兵庫 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | HappyBirthday Jesus | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大震災やいろんなことがあろうと、また1年は正月から始まって、節分・ひな祭り・花見や端午の節句に各自の誕生日。必ずやってくるのよ。それが少しでも経済を支えている1つとなると、そこは我慢の一言で・・・(- -)
Posted by YASU at 2011年12月24日 22:18
こんにちは^^

23日(金)に初めておじゃましました。
あまりに地味な外観のお店で見逃しそうでした。
が、話題のお店なんですよね。
ランチをいただいて納得!
この日は寒い日でしたが、帆立のお粥でほんとに温もりました。
っていうか、他にも食べたいものがいっぱいでした。
ごちそうさまでした♪
Posted by テルマサ at 2011年12月24日 22:43
>YASUさん
そうなのよね
結局耐えるしかないのよね・・

こんなことしてても
確実に時は流れてるし


>テルマサさん
地味な薄商いな店ですので・・(笑)

是非ともまた御来店下さいね
Posted by 袋小路骨なし at 2011年12月25日 14:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。