2006年06月07日

骨の無い骨太(ーー;)


『専業のピアニスト』こと

ねこねこにゃんにゃんみどにゃんさんから




またまたバトンを頂きまくりました


(^0^)ぶぁっふぁふぁぁ!



その名も



指定型バトン


(゚0゚)おぉ!


ルール

まわしてくれた人からもらった『指定』を『 』の中に入れてこたえること。

またまわす時その人に指定すること



ほほぅ?

そして、頂いたお題は



『中華料理』


(゚o゚)えぇぇぇぇ!??

と言う事です



骨の無い私に、骨太に答えろという

禅問答ちっくな注文付きでありんす(笑)

 


バトンの事なら、この
いんたる・ねっつばとんとわりんぐ部・部長』(自称)におまかせ!



廻してみせましょくるくると
廻し過ぎて円卓から色々転がり落ちるくらい




そりゃもう、

無い骨集めて骨太くやりませう!





★最近思う『中華料理』

最近の中華料理・・業界全体に感じる事ですが
少し堕落している気がします


(ーー;)うーん



安易な既製品の導入だとか、
若い職人を育てようとしないとか

コストパフォーマンスオンリーで
ある程度技術のある中国人さえ調理場に入れておけば
何とかなると考えるオーナーが多いように思えます


確かに厳しい時代ではありますが
我々クラス「最後の職人世代」が次世代を育てないと

『中華料理』のみならず、
外食産業全体の将来の為にもならないですよ

今、頑張らないと駄目ぢゃ無いのかな?






若くして料理人の道を選んだ人には・・

泥臭く地味な仕事を
ちゃんとこなせるだけの精神力と技術は、
将来必ず自分の身になります

派手な仕事や、身入りだけを追いかけても
基本の無い料理で人を引き付ける事は出来ませんから





★この『中華料理』に感動



田舎育ちの私には
洗練された中華料理の全てが感動でした

日常生活では触れる事の無い火力で仕上げられる料理は
私の中の『食』の概念を払拭して
私を虜にしまうには十分過ぎました




★直感的『中華料理』

私が次世代に必ず伝える事

「料理はセンス」

小手先の技術は後から付いてくるもの
直感無くして料理は作れません



★好きな『中華料理』


私の料理の基本が
『四川料理』にありますので
(少々湖南系の流れの四川でしょうか?)

ぃやっぱり一番好きな中華料理は四川ですね





★こんな『中華料理』はいやだ

食べる側の事を考えず
作り手のエゴがありありと判る料理は嫌ですね

この商売を営んでると
何故だか感じる様になっちゃうのですよ





★この世に『中華料理』がなかったら。。


大袈裟な話しではなく
人類の文明はここまで発展しなかったのでは?



中国からヨーロッパに料理の概念が伝わらなければ
今の文化が存在しえたか・・甚だ疑問です

中国で宮廷料理に磨きをかけていた時代に
日本には文字すら存在していなかったはず



中華料理無くして日本及び世界の料理は語れません





★最後に『中華料理』とは。。

一言のみですね





世界最強!




★次にまわす人、5人『指定』つきで。

えぇっ、5人もっ???
そんなに回せません。



どうしてもこの御二人に聞いてみたいので

『関東の虎』こと
『眩暈がするほどお天気♪』神井さん



『関門海峡の雌豹』こと
『たらり子の巣』たらり子さん



お題は『神戸』


くるくるっと!

バトンヨロシコ!




本日の「まかなひ」
   (昼)
 激辛!タイのビーフン



ここにもポチッと“くりっ子” 貼れば

人気blogランキングへ

おやぢの気分はロケンロー!

6月10日(土曜日)は

ディナータイムの営業
貸切となっております


どちら様もお間違えの無い様
よろしくお願いします

posted by 骨なし at 15:45| 兵庫 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | ばとんとわりんぐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ど・ど・どしたのでせうか?
今宵の袋小路様は、腸カッコイイ!!
思わずハグかチューチューしたくなるくらいよ!

>泥臭く地味な仕事を
ちゃんとこなせるだけの精神力と技術は、
将来必ず自分の身になります

最近、バイト君が入ったとの事ですが、こういう考えの経営者とそれを身をもって示しているモス君の所でバイトできる彼は幸せ者かも?
頑張ってほしいですね。
バイト君は21歳との事で我が娘とそう歳の差はないので、余計にでも感じ入る所があります。

って・・マスターがこのバトンを受け取られた「戦場のピアニスト」嬢の所でも色々と感激しましたのに・・

最後が・・

嗚呼、神井氏と私??

しかもお題目は「神戸」??

嗚呼〜〜〜、難しすぎて考えすぎて、今夜は12時間ねちゃおうかなあ?

はい、多分すぐにはかけないかもだけど、しっかとうけとりました。

Posted by たらり子 at 2006年06月07日 22:53
うーん。たらり子さんがおっしゃてるのに同感!骨なしさんの「泥臭く地味な仕事を・・・」って含蓄のあるお言葉ですね。チヤホヤされて、引き出しがが無くて消えていく料理人が何人もいますもの〜。ほんと若い方は頑張ってまっすぐに貫いてほしいですね。って真面目に書いてしまいました。(照!)あっタイのビーフン激辛って馬そうね〜!
Posted by ぢょーぢ at 2006年06月07日 23:23
何か今日は職人としてのマスターを垣間見た気がします(・ω・)ノ

てか、カッコイイじゃないですか(≧m≦)
Posted by きゃん at 2006年06月07日 23:27
あのバトン、こんなにもかっこよく「料理」してくださりありがとうございます!!
いよっ、おっとこまえ!(はあと)

たらり子さんもおっしゃってるけど「バイト君」、確かに幸せ者よね(にこっ)

しかし、とてもカウンターの中で「ナタデココ」のことを「なめてここ」なんて言ってたおやぢと同一人物とは思えません(爆笑)
Posted by みどにゃん at 2006年06月08日 00:20
〔なんかムカつく(笑)〕−)じろっ
Posted by へび娘 at 2006年06月08日 09:12
マスターは中華料理というお題で語っておられますが
本格的なものを追求する姿勢は
だんだん失われていってますよね〜
苦行を美徳としない世相になってきた事と
古い文化を重んじない世の流れ・・・
ゆかしき事です・・・

と、身を乗り出して読んでいたら
バトンがこっち向いてるぢゃないですか!?
しかも『神戸』ですか!!??

・・・1回しか行った事ないのに・・・

いkいや!
廻してみせましょくるくると
廻し過ぎて眩暈がするくらい!!
Posted by 神井 at 2006年06月08日 19:41
>たらり子さん
いや〜ん!ちょーはずかしー!
真面目なフリしちゃいました!
どきどきしちゃう〜!


>ぢょーぢさん
タイのビーフン・・半分食べた時点で胃が痛くなりますよ(爆)
真面目な事書くと照れますね・・

>きゃんちゃん
えぇ?カッコいいのでせうか?
御婦人のは全くもてませんが・・(ToT)あぁぁぁ!

>みどにゃんさん
概ね「なめてここ」の方が本物の私でせう!(爆)

>へび娘さん
( ̄^ ̄)y-~~ほほぅ?

>神井さん
近頃の若者は(この言い方がおやぢですね・・笑)
地味な作業や、地味な仕事を嫌う傾向にありますね
誰かがやらないと成り立たないのにね




Posted by 袋小路骨なし at 2006年06月09日 14:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。