2008年11月08日

骨太の男(;一_一)



今を去ること59年前
北九州のある町に骨の太い男が産まれました



とりあえず順調に育ちまくり
育ち過ぎるのにも程が有るくらい育ったのですよ





どうしますかぁ?そこの奥さん!








17歳になった頃
色々思って神戸の街に来たとですよ



カバン一つで出てきたとですよ
そらもう出てきまくりやがりですよ





(゚0゚)おぉ!





そんでもって

その頃はやりの喫茶店で
住み込みの料理人として働いたですよ

そりゃもう働きまくったですよ




インデアン嘘つかな〜い!
(インデアンぢゃ無いけど)





沢山働いたお陰で
店で二番目に偉い人になったですよ

概ねシャチョーの次くらい偉い人になったですよ




(T^T)感涙!





そんな
しゅっせカイドーまっしぐらな骨太な男は
とある御婦人と結婚したとです


子供も二人産まれたですよ
そんでもって元気に育ちまくったですよ




齢30ちびっつ過ぎた頃に
メキシカンルックな骨の無い男と出会ったとですよ





骨太の男のくせに
骨の無い男と気が合ったですよ



骨の無い男は
骨太の男を慕いましたよ





その年齢差を良い事に
慕いまくりましたよ・・ええ





最初は友人として
時々お兄さんとして
都合の良い時はお父さんちっくに
そんでもって
たまにはライバル的に





( ̄ー ̄)ニヤリ





色々そーだんしたり
色々悩ませたり
色々ややこしいことを押し付けたりと





(; ̄_ ̄)=3やれやれ・・





まあ・・あれですよ

骨の太い男ですから
そりゃもう頼りがいがあるのですよ

なんだったら
頼りがいが有り過ぎてリンダが困るくらいなのですよ






リンダ困っちゃう〜

(リンダぢゃないけど)








みんなが頼りにし過ぎたせいからか
骨が太いくせに病気になったですよ





なっちゃいけない病気になったですよ







一度は克服したのですよ





そりゃもう骨太な男ですから
いとも簡単に克服したですよ




正直

周りのみんなが
びっくらこくくらいの勢いで克服したですよ






だもんでお祝いに
骨の無い男は強力・・







否!






協力して
骨太の男にお店を開いてもらったですよ





まぁそこは
所詮骨が無い男ですから
大した事は出来なくて




もっすごい小いさい店になっちゃったですよ
小さくて可愛い店になったですよ




骨太の男は喜んでくれたですよ
小さい店でも喜んでくれたですよ




だから一生懸命働いたですよ
店が小いさ過ぎて奥さんと離婚しちゃっても

頑張って働いたですよ




そしたらね・・・




小いさいお店は流行ったですよ
いつもお客さんでいっぱいになったですよ




骨太の男が頑張っていたから

神様が御褒美に、
可愛い彼女と引き合わせてくれたですよ





二人はとっても仲良く働いたですよ
皆が羨むくらい仲良く働いたですよ





あまりに仲良くし過ぎたのか
今度は神様がいぢわるをしたですよ




骨太の男は
病気が再発したですよ



とっても悪い病気だけど
骨太の男は頑張ってやっつけたですよ




しっかりすっかり
克服しちゃったですよ







OH!ロッケンロー!雷







あまりに、
しっかりすっかり克服したので
体力が無くなったですよ


前みたいに働けなくなったですよ






でも
骨太の男には可愛い彼女がいるですよ
二人で頑張って暮らしていたですよ




それはそれは慎ましやかで
以前のような華やかさは無かったですよ



でも二人は幸せだったですよ
みんなが羨むくらい幸せだったですよ





あまりに幸せだったので
神様がいぢわるしたですよ



もっ凄いいぢわるしたですよ






骨太の男を



三度病気にしたですよ







しかも
今度は絶対治らないおまじないをかけて・・







骨太の男と
可愛い彼女はそれでも戦ったですよ




二人で力を合わせて








でもね・・・






今度ばかりは勝てなかったですよ







骨太の男


享年59歳








私の師であり兄であり父でもあり
時には上司で時には部下


思い返せば彼との不思議な腐れ縁な時間は
四半世紀を越える長さとなりました





彼の
あまりに早過ぎる死を
受け入れるには時間がかかりそうです








なぐり書きの文章で失礼・・




posted by 骨なし at 16:43| 兵庫 ☔| Comment(9) | TrackBack(0) | 骨太の男 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
かけがえのない方にもう会えなくなっちゃったのですね・・。
身が裂かれる思いでしょう・・・


でも、その彼にとってもマスターにとっても
赤の他人なのに血を分けた肉親のようにお互いに思い思われる心。素晴らしい事だと思います。

骨太氏のご冥福をお祈りしまして、
合掌
Posted by たらり子 at 2008年11月08日 22:01
いつも、拝見しておりました。それは、とても楽しみに拝見しておりました。
本日は、とても悲しいですね。
私の経験を重ねて拝見してしまいました。
切なくて、泣けてくる感じが、忘れてはいけないナニかを思い出させてくれました。素敵な出逢いを羨ましく思いながら、いつの日か、あなたが骨太さん二代目となり皆さんから、慕わられる存在になられるのでしょう。合掌…。




Posted by 店主 at 2008年11月08日 23:38
なんというか、若造の私には適切な言葉が見つからないのですが…

男泣きしているマスターの姿が目に浮かびます。

故人のご冥福を心よりお祈りします。
Posted by あそう at 2008年11月09日 01:47
残念! 

残念 極まりなく思います

憎まれない ひとかどの人だから少し早く天に召されたのでしょう

今頃あの世で新しい人生設計を始めてます

憎まれっ子の貴方は、その方の思いも背負ってこの世を生きてあげましょ

いずれ昇天する日まで
Posted by fromsea at 2008年11月09日 03:01
マスターのことだから
頑張ってお客さん笑わせてんだろうな・・

上手くは言えないけど
私だってマスターに出会えなかったら今の自分があるとは思えないよ

亡くなった方も神様のいたずらでちょっと先に行っちゃったけど今ごろ楽しんでんじゃないかな?

それは頑張った自分やマスター、彼女のおかげでしょ?

悔しくて辛くて歯がゆいほど頑張るから後悔少なく向こうにいけるんじゃん

マスターもだから応援しちゃうんでしょ?

頑張って、今日もお客さんがマスターの笑顔を見に来るよ
Posted by kuma at 2008年11月09日 08:27
大切な方とのお別れは残されて者も、辛いです。
しばしのお別れですがいづれ会えます。
彼はマスターの心の中には生きておられますです。 
合掌
Posted by ぢょーぢ at 2008年11月09日 12:18
>たらり子さん
なんか・・ねえ

心を裂かれる感じで・・


こんなに辛い別れは初めてかもです



>店主さん
いつも観ていただいて感謝です
恥ずかしながら
キーボードを叩きながら
号泣してしまいました


誰の身内にも起こりうる現実ですが
渦中に居るとやはり・・ね


>あそうさん
泣いてちゃ駄目なんですけど・・ね
御気遣い感謝です


>fromseaさん
残念で無念ですね
もっとサポートできれば
もっと気楽に過ごせたのに

自らの無力さを思い知らされました


>kumaさん
流石に昨日はきつかったです(苦笑)
涙腺が壊れたかと思うくらいでしたよ

生前に
あの世で一緒にレストランをやる約束してますから
きっと今頃店舗を探してますよ



Posted by 袋小路骨なし at 2008年11月09日 14:42
先程は長くなってしまい、申し訳ありません。まさか、次の日のお話しがこんなに胸を掻きむしられるお話しだとは。今日私のミスを助けてくれた人は、ほんのちょっとした出会いの人です。でもそんな僕に二時間も使ってくれて、せっかくの休みの日に。縁というものは不思議ですね。是非向こうのお店のDMを送って下さいね。何年後になるかはいじわるな神様次第ですが、精一杯足掻いて、僕も胸を張って末席に加わらせてください。久しぶりにクイーンのノー・ワン・バッド・ユーを聴きたくなりました。
また長くなってしまい、申し訳ないありません。
Posted by 伊藤 at 2008年11月09日 23:05
>伊藤さん
いやいや・・お気になさらず・・ね

やはり人の世は縁ですよ
あの世の店
派手好きの我々の店ですから
きっとハデハデな店ですよ(笑)
Posted by 袋小路骨なし at 2008年11月10日 14:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。